生活哲学学会 第Ⅲ期カリキュラム、締めくくりは豪華講師陣による事業構想総論Ⅲです。
講師陣による現在の活動を皮切りに、全員で「事業」というものを捉えていきます。
最後は簡単な昼食をとりながら、第Ⅲ期を振り返ります。

生活哲学学会でしか聞けない講演を、是非ご聴講ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日時】
12/19(土)10:00〜13:00

【進行】
10:00〜10:20 佐藤修
10:20〜12:45 山内絢人・神山典士・半田智久
12:45〜    まとめ / 佐藤他

【開催場所】
・お茶の水女子大学 国際交流留学生プラザ3Fセミナー室
アクセス:東京都文京区大塚2-1-1
東京メトロ丸の内線「茗荷谷」駅より徒歩7分
東京メトロ有楽町線「護国寺」駅より徒歩8分
都営バス「大塚2丁目」停留所下車徒歩1分
・オンライン
※ZOOMアドレスは別途お送りいたします。

【受講料】
一般
20,000円(税抜)

学生
8,000円(税抜)

※現地参加は15名にて締切

【お申込み】
こちらのお申し込みフォームからお願いいたします。

生活哲学学会カリキュラム

【注意事項】
・オンラインミーティングシステム「ZOOM」を使用致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご不明点などございましたら、生活哲学学会事務局(contact@plpb.co.jp)までご連絡くださいませ。

生活哲学学会 事務局

佐藤修プロフィール
コンセプトワークショップ代表
1964年3月東京大学法学部卒。同4月東レ株式会社入社。1969〜70年経団連出向。1970年東レ株式会社経営企画室にて経営企画事業戦略を担当。1983年経営企画室CI事務局、この間東京都CI推進計画懇談会委員。1987年広報室CC(コーポレートコミュニケーション)戦略査定、1989年株式会社コンセプトワークショップを設立。コモンズの回復をテーマに、企業文化変革活動や住民主役のまちづくり活動に関わるとともに、行政の経営変革や総合計画・都市計画査定に携わる。
2001年コミュニティケア活動支援センターを設立。資金助成プログラムの事務所を引き受けながら、「大きな福祉」を理念に、コムケア活動を行なっている。

半田智久プロフィール
お茶の水女子大学教授
1957年生まれ。東京大学大学院修了。人文科学研究科心理学専攻。教育研究職としては信州大学、宮城大学、静岡大学を経て現在、お茶の水女子大学、教学IR・教育開発・学修支援センター教授。大学環境の激変のなかで、将来を牽引していくに足る学術の場の構想や、そのなかでの人間や社会の構想力と絶対精神のかかわりに関心をもつ。人文学に生きリベラルアーティストを目指す途上にいる。
主な書作に『構想力と想像力』(ひつじ書房)『GPA制度の研究』(大学教育出版)、『知能環境論』(NTT出版)など。

神山典士プロフィール
ノンフィクション作家
1960年埼玉県入間生まれ。信州大学人文学部卒。1996年『ライオンの夢、コンデ・コマ=前田光世伝』にてデビュー、小学館・第3回ノンフィクション大賞優秀賞受賞。2012年『ピアノは友だち、奇跡のピアニスト辻井伸行』で全国読書感想文コンクール課題図書に選出。2014年週刊文集にてスクープ記事『全聲の作曲家はペテン師だった!ゴーストライター懴悔実名告白』で第45回大宅壮一ノンフィクション賞・雑誌部門受賞。“書くことは自分を客観視することであり、あるべき自分を発見すること”
『知られざる北斎』(幻冬舎)、『成功する里山ビジネス』(角川新書)『もう恥をかかない文章術』(ポプラ社)など著書多数。

山内絢人プロフィール
株式会社Glocal Innovation Holdings 代表取締役
1988年長野県飯田市生まれ。東京大学法学部卒。ロンドンビジネススクール・ファイナンス修士号、ケンブリッジ大学・企業法修士号取得。2011年財務省入省後、国際局(G7/G20/IMF関連政策を担当)、主計局(国の予算・財政関連法規全体を所管する部署にて、法律の改正等を担当)を経て、「事業家として、自らリスクを取りやり抜くことでこそ社会を良くできる」との思いから退職。日本の地方に今後の日本の可能性があるとの信念で(株)Glocal Innovation Holdingsを創業。起業家精神に基づき、地方(Local)と世界(Global)とを直接つなぎ既存の社会システムや既成概念にとらわれず事業を興す「グローカル・イノベーター」として、新規事業開発のためのハンズオン支援(とりわけ、地方と世界をつなぎ産官学などあらゆる領域を横断して社会を動かすイノベーション創造)を行なっている。

野上秀子プロフィール
生活哲学学会/株式会社生活の学校
(株)西武百貨店入社。以来業界或いは会社内における女性初の役職を経験。百貨店事業・文化事業の双方に従事。池袋コミュニティ・カレッジ館長、西武池袋本店婦人雑貨部長、仙台店店長、西武渋谷店販売部長を歴任。有楽町西武最後の店長を務める。同社本部CSR担当を経て、2011年(株)そごう・西武執行役員、2013年~2017年、セブン&アイグループ会社セブンカルチャーネットワーク代表取締役社長。上場企業社外取締役を経て、2018年、故辰巳渚と(株)生活の学校設立。現在は(株)生活の学校代表取締役、(一社)生活哲学学会代表理事を務める。